タワーマンションの高層階と低層階の違いって具体的になんなのさ?

マンションの受付スタッフ

タワーマンションに住むという場合に、低層に住むか高層に住むか迷うことがあるかもしれません。
どちらに住むにしてもメリットとデメリットの両方がありますので、それを比較考慮しながら決める必要があります。
一般的に高層のメリットは低層のデメリットに該当することが多いですし、またその逆も成り立つことがあります。
自分たちは何を重視するのかという観点で選んでいただくのが一番後悔しない選び方です。

タワーマンション自体が交通の便がいいところに建てられることが多いですから、町のランドマークに該当するところであれば、高層に住むこと自体がステイタスになることもあるでしょう。
上に行けば行くほど視界を遮るものがないために、十分に眺望を楽しむことが可能です。
高層のほうが人気がありますのでそれにつれて家賃が高くなりますから、そこに住んでいるというだけでステイタスに感じることも十分にあり得ることです。
それにタワーマンションであればオートロックや警備会社の監視などがありますので、セキュリティ対策は万全なところがあり、さらに高層は不審者から侵入されにくかったりします。

高層に住むことのデメリットはエレベーターを使って移動をしないといけないということです。
エレベーターの設置台数が多ければいいですが、そうでないならば朝にちょっと混雑することがあり得ます。
災害などでエレベーターが使えなくなった場合は、階段で移動しないといけませんのでそこのところがちょっとしんどいところです。

低層に住むことのメリットはまさしく高層に住むことのデメリットを解消するものです。
エントランスから部屋に行くための時間がそれほどかかりません。
エレベーターを使わなくても移動することができますので、そういう点ではとてもありがたいです。
何らかの災害があった場合でも、階段で移動することができるので、災害が起きた場合でも安心して逃げることができるでしょう。

最近はあえて低層に住もうと考えている人が多くなっています。
低層であっても共用施設を使うことができ、セキュリティの恩恵を得ることが可能です。
言わば、実用性重視のために積極的に選んでいるということです。
一般的には高層に比べて低層のほうが家賃は低いことが多いですので、実用性重視のために低層を選ぶというのも悪くはありません。
高層のメリットであるステイタスを感じるところと眺望の良さに対してそれほど重視していないというのであれば、低層を選ぶという選択肢も確かにあります。